ファッション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜真由

40代女性、NGファッション~大人の女性だから出来るファッションを~

ladyplus010近年、40代の女性をターゲットにしたファッション誌が続々創刊されるなど、いくつになってもキレイでいるためのお手本が、巷にあふれています。

自分たちの母親世代が同じ年齢だったときのことを考えれば、現在の40代の女性はオシャレですし、見た目も若い方が多いです。ですが、40代の女性のファッションが、男性の目から見て「NG!」と思われるケースが、だんだん増えているのです。

その理由を、一緒に考えてみましょう。

男性が好まないファッションとは

40代の女性ともなると、若いころと比べて、経済的に余裕がある方も多いでしょう。海外の芸能人を参考に、コーディネイトされるひともいるかもしれません。

ですが、40代の女性にとって魅力的なファッションが、男性には不評というものが少なくありません。

その筆頭にあがるのが、豹柄です。洋服でも小物でも下着でも、豹柄は好ましくないと考える男性が多いようです。

次に、グラデーションのヘアカラーです。オシャレのつもりでグラデーションにしていても、男性にとっては不自然に見えてしまうのでしょう。大き目なピアスやイヤリングも、「そこだけ目立つ感じが嫌」という意見があるようですね。

こう見ると、男性が好むファッションは、保守的なスタイルなのかもしれません。

40代は若作りがNG

そしてもう一つ、40代の女性が気を付けるべきポイントは、若作りだと思われないファッションにすることです。

自分では若いときと同じような感覚で着ていたとしても、あなたを知らない周囲のひとから見ると、「年なのに若作りして」と冷ややかな視線を送られる可能性があるのです。

では、40代の女性が避けたい、若作りファッションには、どんなものがあるのでしょうか。

まず、フリルやレースを多用した、ガーリーファッションです。

もともと可愛いファッションが好きな女性も多いと思いますが、これは若い世代に譲りたい分野です。ピンクや花柄などのガーリーファッションの女性は、見ていて痛々しいと感じるひとが多そうです。

次に、若い子向けのファッションブランドを多用することです。

娘さんがいる40代の女性の多いのですが、いかにスタイルが良くても、ターゲット層に合わない年齢の女性が着ることで、痛い感じに見えてしまいます。

体重は同じでも、40代ともなれば体型が変わっていますので、シルエットに違和感を感じることも少なくないので、避けた方が無難でしょう。

また、小物使いにも配慮が必要です。バッグの中にあるポーチや携帯ストラップがキャラクターものという40代女性も少なくないはずですが、これは大人の女性としていかがなものかと思われます。

案外、他人は細かくファッションを見ているものなので、避けた方が無難でしょう。

大人の女性として気を付けたいこと

これまでは、ファッションに力を入れている40代女性について語ってきましたが、もう一つ、覚えておいてほしいことがあります。

それは、普段着で女性を捨てているように感じるファッションがあるということです。

例えば、近所のスーパーやコンビニエンスストアに行くだけだからと、スウェットやジャージのまま出かけていくのは、おばさんの典型です。

せめて、Tシャツにパーカー、ジーンズに履き替えるといった、他人の目を意識したファッションを心がけましょう。

同様に、髪が乱れたままノーメイクだったり、はおったシャツが皺だらけだったりすると、生活に疲れたひとにしか見えません。

ファッションは自分が楽しむものであると同時に、他人に不快感を与えないためのものでもありますから、常に見られているという意識を持つことをおすすめします。

いつまでもステキな女性と言われるために

現代の40代女性は、妊娠や出産、育児を経ても、独身時代と同様の体型を維持している方も少なくありません。

そのため、着られるファッションの選択肢も増え、楽しみたいと考える女性も多いことでしょう。ですが、自分が着たいものと似合うもの、周囲に納得してもらえるものの差が、どんどん広がっている世代でもあるのです。

40代という大人の女性だからこそ、高価なものに身を包むのではなく、いまの自分を一番キレイに見せてくれるファッションを選ぶという視点が大切です。

洋服は、年代による体型の変化を考慮して、カッティングや縫製が異なります。自分の年代に合った洋服を選ぶことで、より魅力的に見せることができるのです。

また、年代によって着こなせる色や柄も変化します。

40代の女性こそ、洋服と靴、バッグ、ヘアメイク、ネイルにいたるまで、全身をコーディネイトして、より魅力的な自分を演出するのがステキだと思うのです。

若い子にしか着られないファッションがあるように、大人の女性にしか着こなせないものがたくさんあります。

ファッション誌を参考にしながら、より自分を魅力的に見せてくれるファッションは何か、探してみてください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

桜真由

情報誌の編集を経て、ライターとして独立。教育、育児、就職、医療、美容など、さまざまな分野の取材・執筆を手掛ける。

スポンサーリンク