30代女性、モテファッション~大人っぽさと可愛さを両立できる30代モテファッションとは!?~

ファッション

ladyplus015
30代になると、アラサーやアラフォー世代に差し掛かってくるので、ファッション一つで年齢の見え方がずいぶん変わってきます。この年代がモテたい!と思うファッションはどのようなスタイルを目指せばいいのでしょうか。若々しく見せたいけれど、年相応の格好もしていないとと思うのも30代という年齢での悩みの1つなのではないでしょうか。

落ち着き過ぎたファッションは、行き過ぎると物凄く老けて見えがちです。逆に、20代のような流行を追ったファッションは若作りをしているようで安っぽく見えてしまう可能性も高くなってしまいます。ここでは、30代にぴったりのモテファッションについてまとめてみました。

柄物よりも無地

夏にはボーダー、春には花柄を着たいと思う方もいらっしゃるかと思いますが、モテファッションと言うと無地が一番です。実際に、男性の中での支持が高いのは、柄やロゴが入ったスタイルよりも無地です。

流行や季節柄もありますが、基本的には柄物よりも無地を選ぶのが吉です。ポカポカと温かくなってきた春の季節には、シフォン系やパステルカラーで柔らかくまとめ、蒸し暑い夏の季節には、爽やかなビビットカラーを取り入れるなどして季節を表現できるといいでしょう。

膝丈スカート

仕事やプライベートでスカートを履いていますか。普段パンツスタイルが多いという人も、1着はスカートを持ってみてはいかがでしょうか。特に、長すぎず短すぎない膝丈のスカートが30代の女性にお勧めです。

ショート丈の短いスカートは10代や20代で卒業して、膝丈のスタイルに切り替えるのがモテる30代です。脚を露出しすぎるのは、30代には少々品がなく安い女性に見えてしまうので控えるべきでしょう。逆に、長いスカートは色気がなく、カジュアルに見えてしまいます。オフィススタイル、デートスタイルにぴったりの、ミディアム丈のスカートは1つ持っておくべきです。

綺麗目なジャケット

上着は綺麗目なジャケットを取り入れるようにしましょう。基本的に上着の必要ない夏以外には意識をしたいのは「綺麗目」というキーワードです。

大人の女性である30代では、子供っぽくなりすぎず、おばさんみたいな印象を与えない綺麗目なできる女なジャケットを合わせてみるのがモテコーデのポイントです。春ならばトレンチコートやテイラードジャケットを取り入れて、秋口から冬にかけても、シルエットを綺麗に見せてくれる形のジャケットを選びましょう。

仕事中心ファッションはダメ!

30代になると、本当の意味での「自分好み」のファッションから遠ざかっていることはありませんか。プライベートで使えるファッションではなく、「はたして仕事でつかえるかな?」という視点で服を選んでいないでしょうか。仕事でつかえる洋服=モテファッションとは限りません。どちらかと言えば、モテるファッションとは程遠いい可能性が高いです。

まずは1着、仕事でつかえなくてもいいので、モテることを考えて服選びをしてみましょう。もしくは、本当は着てみたい洋服を試してみてはいかがでしょうか。プライベートと仕事はしっかりと分けて、着たい洋服を取り入れていきましょう。

露出を控える

露出をすればモテると勘違いしている人も多いのではないでしょうか。ですが、モテるファッションを意識するのでしたら、逆に、露出が多いファッションはやめましょう。

確かに、胸元や背中、肩、脚などが空いているファッションは、男性の食いつきがいいのは間違いありません。目線がいきますので自分はモテていると勘違いしてしまうようですが実際にはモテファションとはいいません。

ただし、この時に「モテる」のは、遊び心・下心がある男性からだけです。雑誌やTV番組などでの統計ですが、男性というのは、本当に気になるような女性には、あまり露出をしてもらいたくないと言います。激しい露出は、本当の意味で「モテる」女性だとは言えないので、あまりにも肌見せが多い洋服は注意が必要です。

色味を取り入れる

黒っぽい洋服を好む女性って多いですよね。確かに、全身が引き締まって細く見えますし、かっこよく強い女性に見えます。ただし、モテるという概念から言うと、全身黒や白のお洋服は男性ウケが良くありません。

勝負服として選ぶのでしたら、ピンク・イエローなどの温かみのある色を入れて女性らしいふんわりとした色味のファッションを選びましょう。

まとめ

30代のモテるファッションは、年相応に綺麗目なファッションを選ぶのがポイントです。若若すぎる見た目は子どもっぽく見えて近寄りがたいですし、おとなしすぎる見た目は実年齢よりも老けて見せてしまいます。

仕事中心での洋服選びをしている人は、自分の好みの洋服を考えるのは難しいかもしれませんが、ショッピングモールでマネキンが来ている洋服や店員さんのファッションを見て、真似したいファッションを取り入れて見るのがポイントでしょう。