ファッション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レディ+編集部 キララ レディ+編集部 キララ

3月のオシャレは、難易度高い!?ダサくならないコーディネートとは?

world_fa

 3月は、日中暖かいけれど夜になると冷え込むので、春のコーディネートの中では難易度が高い時期となります。

 冬物のアウターを着ているとオシャレ度が下がってしまうので、気をつけましょう。3月に冬物を着てダサい人と言われない、見えないためのコーディネートを伝授します。

スポンサーリンク

寒くてもダウンコートや厚手のコートは着ない

 3月に入ってから、厚手のコートやダウンコートを着ていると見た目が重苦しいだけではなく、オシャレ度が低い女子と思われがちです。

 昼間は暖かい日が多いので、帰りが遅くならない場合は春らしいコートやアウターを選ぶようにしましょう。ベージュのトレンチコートなどは毎年活躍するので、購入しておくことをオススメします。

マキシ丈ワンピースを活用する

 春らしいコーディネートをするなら、マキシ丈ワンピースが役立ちます。アウターに、パーカーやダウンベスト、Gジャン、デニムシャツを合わせると軽やかな雰囲気になります。

 マキシ丈なら足元まで隠れるので寒さもあまり感じないのもうれしいポイントです。

春らしい色のジャケットを着る

 春を連想される色のジャケットを着るだけでも、オシャレ度は高くなります。ベージュのライダースジャケットやテーラードジャケットは春を演出するのに役立ちます。

 テーラードジャケットは、ホワイトやネイビー、ボーダー、ピンクなどを選ぶとコーディネートしやすいので是非この春はチャレンジしてください。

明るい色のパンツを履く

 冬の間は、黒やグレー、茶色のパンツでコーディネートすることが多いですが、3月からは明るい色のパンツに履き替えましょう。

 オススメは、ベージュやレモンイエロー、ピンクなどパステルカラーです。また、ギンガムチェックや花柄も春らしい雰囲気を出せるのでチャレンジしてみてください。

オシャレなブルゾンもオススメ!

 春のアウターでカジュアルを演出する時に便利なのがブルゾンです。柄物では、花柄、迷彩柄、チェック柄などがコーディネートしやすく、明るい色のパンツとよく似合います。

 MA-1やデニムブルゾンもスカートに合わせやすくオススメです。

 3月は、春らしいファッションでオシャレを先取りしたい時期ですが、夜は気温が下がるのであまり無理をして薄着にならないように注意しましょう。

 ストールを巻いたり、重ね着をしたり、ちょっとした工夫で寒さを凌ぐことができます。見た目の可愛さも必要ですが、季節の変わり目は風邪を引きやすいので、健康管理も怠らないようにしましょう。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

レディ+編集部 キララ

 現在の彼氏と結婚を考えていますが、なかなかプロポーズされません。それでもめげずに、料理の腕を日々磨きながら、可愛い奥さんになるために努力中です。

レディ+編集部 キララ

スポンサーリンク