美容・コスメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜真由

覚えておきたい!夏のメイク直しテクニック

ladyplus063

蒸し暑い夏は汗をかく機会が多く、時間をかけたメイクが移動中に崩れてしまうことも少なくありません。

外出先ではメイクを落として、一からやり直すこともできないので、メイク直しをすることになるわけですが、自己流だとさらに見た目が悪くなってしまうこともあります。

そこで、プロも活用している、メイク直しのテクニックを、ここで紹介したいと思います。

テカリ対策

夏は季節柄、どうしても油分によるテカリが出がちです。夏のメイク直しは、この油分をとることと、くすみを払うことが、大事なポイントです。

油分を取るためにあふらとり紙を使うひとも多いのですが、これだと皮脂と一緒にメイクまではがれてしまうので逆効果。

そこで、パウダリーファンデーション用のスポンジをティッシュでくるんで、優しく当てて、皮脂を吸い取ってみてください。

スポンジなら、顔の形にフィットしやすいので、メイクをはがすことなく、テカリだけを抑えることができます。

たくさんの汗をかいたときには、スポンジを濡らして固く絞ったものを押し当てるのも効果的。肌がサラサラになったら、汗や皮脂に強いプレスとパウダーで抑えておくとよいでしょう。

常に化粧ポーチの中にはパウダリーファンデーション用のスポンジを、そしてティッシュは肌に刺激の少ないタイプのものを用意しておきたいものですね。

そして、テカリを押さえたら、パフにパウダーをのせて、毛穴の向きに合わせて、下から撫で上げるようにのせていきます。
 

毛穴対策

暑い夏、汗で崩れることを想定して、下地をおざなりにする女性も少なくないようです。

ですが、毛穴が目立ちやすい小鼻や頬こそ、朝のメイクで毛穴用の下地を使っておくことで、メイク崩れを防ぐことができます。

毛穴用の下地を使っても、毛穴が目立つように感じたときは、ハイライトパウダーで補強しておきましょう。

特に薄いパープル系のハイライトパウダーは、肌のくすみをオフしてくれるほかに、白く見せてくれる効果もあります。

それだけで、肌の疲れた印象が和らぐので、頬などの広い部分に、ハイライトパウダーを使うことをおすすめします。

また、エアコンが効いている室内は乾燥地勝ちで、小鼻の周りに皮脂が出てしまうことが多いです。化粧直しミストを使うと、瞬時に水分と油分のバランスを整えてくれます。

メイクが崩れやすい小鼻の脇は、パフを二つ折りにして、しっかり押さえた阿路に、粉っぽくならないミネラルパウダーを使用するとよいでしょう。

ポイントメイク

夏のメイクは、アイライナーやマスカラも重要なポイントです。汗でアイライナーやメイクが落ちてしまうと、クマのようになってしまい、一気に老け顔になってしまいます。

もし、アイライナーやマスカラがにじんでしまったら、綿棒にこんしーらあーをとり、くるくると回転させながた汚れをとり、反対側の綿棒で再度コンシーラーを取ってなじませるという方法を試してみてください。

このときのポイントは、ファンデーションより一段白い、コンシーラーを使うことと、目の下だけでなく、目じりが黒っぽくならないように、直すことです。

きちんとキレイにした阿路で、汗や皮脂に強いパウダーで押さえ、ポイントメイクをし直します。

夜に予定があるときのメイク直しテクニックとは?

仕事や学校なら、多少メイクが崩れていても気にならなくても、夜の外出のときには、きちんと直しておきたいものです。

そこで、夏の夜にお出かけする前にメイク直しをするなら、3つのポイントを守ることを意識してください。

まず、メイクのベースを直すことです。ファンデーションは重ねづけしすぎると、厚ぼったくなってしまうので、直す部分だけをまず綿棒やスポンジを使ってオフします。

しっかり治したいときには、少量のリキッドファンデーションを、メイクをオフした部分にポンポンとたたきこみ、スポンジでパッティングするとよいでしょう。

二つ目は、チークを入れ直したうえで、パープルのハイライトパウダーを重ねて、くすみをとりつつ、白く見せるようにすることです。

顔の目立つ部分のくすみがなくなると、疲れた印象がなくなります。毛穴を飛ばしてくれる効果もあるので、おすすめです。

そして最後は、まぶたの中ほどにピンクやベージュのラメを重ねたり、光るリップグロスを唇にのせることです。メイクに光を取り入れると、疲れを感じさせない、若々しい雰囲気になります。

まとめ

こうした夏のメイク直しには、必要なグッズを用意しておくのも大事なポイント。ファンデーションや化粧ミストなどの情報を収集し、自分に合ったものを探して、持ち歩くとよいでしょう。

また、綿棒やスポンジなど、メイク直しに必要なグッズも常に持ち歩くのが基本。スポンジは卵型など、使いやすい形状のものを探し、こまめに洗っておくなど、ケアも怠らないようにしましょう。

夏のメイク直しテクニックをマスターして、さわやか美人を目指しましょう!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

桜真由

情報誌の編集を経て、ライターとして独立。教育、育児、就職、医療、美容など、さまざまな分野の取材・執筆を手掛ける。

スポンサーリンク