老け顔に見えない!?首の日焼けケア対策

美容・コスメ

d277c44bfa484e1cc40773a28a2b51e21-thumbnail2

 顔の日焼け対策やお手入れは万全だけど、首は自分から見えづらく面倒だからと言って日焼け対策をおろそかにしていませんか?首は年齢が出やすくシワが増えると老け顔に見られてしまいがちです。

 また、日焼けして熱がこもり体調不良になる場合もあるため、こまめに首の日焼けケアをすることをオススメいたします。

[adsense]

朝の日焼けケア

 毎朝、外出する前に首に日焼け止めを塗りましょう。いつも顔に使用しているリキッドタイプやジェルタイプで構いませんので、必ず首の前後に塗るようにしてください。

 意外と首の後ろのケアをおろそかにしがちですので、必ず日焼けケアをするようにしましょう。

日中の日焼けケア

 日焼け止めを塗って、帽子をかぶり日傘をさしても、紫外線は地面に反射して首やデコルテに当たっており日焼けしてしまいます。

 紫外線を浴びると首のシワが増えてしまいますので、UV用のストールを首に巻いて出かけるようにしましょう。

日焼けをしてしまった日のケア

 朝ケアをしたつもりでも、うっかり日焼けをしてしまう場合があります。日焼けは軽いやけどの症状ですので、赤く火照っている場合は早急に冷やすことが大切です。

 冷たい水で濡らしたタオルを首にあてて、肌の赤みが無くなるまで続けてください。冷やした後は、ビタミンCが含まれているシートマスクで顔をパックしてください。

 パック後は、使用したシートマスクに残った美容液で首の前後とデコルテをケアすると良いでしょう。手の甲に塗るのもオススメします。

首のナイトケア

 夜寝る前には、美白用化粧品で首のケアしてください。ハイドロキノン、αーアルブチン、ビタミンC等が含まれている美白用化粧水をコットンに含ませて首の前後にたっぷり塗布してください。

 化粧水の後は、保湿効果のある乳液やクリームでケアし、乾燥を防ぐことが大切です。夏でも冷房や発汗により、肌は水分を失い乾燥しています。

 首にシワが出来ないように忘れず保湿対策をしてください。就寝時は首にタオルを巻いておくと更に効果がありますので、試してみてください。

日焼けに有効な食べ物とは

 日焼け対策は外側だけからではなく、食べ物で内側からケアすることもできます。

 夏は、リコピン、βカロチン、ビタミンEなどの抗酸化作用が含まれるものを摂取しましょう。

 リコピンが含まれるトマト、ビタミンA、C、Eを含むブロッコリー、鮭やニシン、サバ、マスやイワシなど青魚も効果があります。

 首は、顔と同じくらい日焼け対策が必要です。体の内側と外側からケアをして、美しい首元を目指しましょう。