美容院でのおもしろいあるあるネタ

ライフスタイル

ladyplus074
美容院は実は笑いの宝庫。様々な「面白いあるあるネタ」が日常的に転がっています。

筆者が実際に聞いた・体験した「面白いあるあるネタ」や、人伝に聞いたあるあるネタなど、思わずクスっと笑ってしまう「小ネタ」をご用意しました!

「見たい雑誌よりも一つ上の年代の雑誌を持って来られる」

これは老け顔である筆者が良く出会う「美容室あるある面白ネタ」です。生まれてこの方、ぴたりと年を当てられた事が無い筆者。高校生の時は20代後半の姉よりも年上に見られた悲しい記憶が…。

さて、そんな筆者ですからやはり、美容室でも「年上」扱いを受けます。持って来られる雑誌はマダム世代の雑誌…。

極めつけは「女性セブン」等のゴシップ雑誌。もはや美容室関係ないと思いながらもしっかり読んでしまう噂好きの悲しい私…。

美容師さんも年齢プラス5歳に見てるようで、「まだ●代です」というとそこから気まずい雰囲気が…。筆者は思う。

確かに年齢の話は広げやすいし話もしやすいけれど、話て気まずくなるような固定観念は持たない事。美容師さん、お願いです。

例え若い年代じゃないと思ってもお洒落な美容室でお洒落な美容雑誌を読みたいのが「女子」の願いなのです。どうぞそこら辺、気持ちを汲んで下さいますように…。

「痒い所を掻いて欲しいのに言えなくてモジモジする」

至福の時であるシャンプー。良い美容師さんに当たれば極楽な気持ちで受けれる施術の一つですが、最大の難関は「痒い所ありませんか?」。

コレ、聞かれたのになぜか「あ…大丈夫ッス」と答えてしまうんですよね…。その時は何ともないのに、「大丈夫」と答えた瞬間別の所が急に痒くなる、というオチ付き。

でも、どんなに痒くてもお願い出来なくてモジモジモジモジ…。たまにすっごく耐えられない程痒い時とかは、至福の時が地獄の時になってしまいます。

気を利かせて「…痒い所、ありませんか…?」と聞いてくれるのに、「だ…大丈夫ッス!」と答えてしまう。何故だろうと自問自答しながら今日も美容室で痒みを必死でこらえる筆者なのである。

「変なお客さんがやってきた!」

これは筆者の友人のお母さんが遭遇した話。地元唯一のお洒落な美容室で施術を受けていた友達母が楽しく時を過ごしていた時、受付のベルが鳴ったそうな。ふとそちらの方を見ると…ドレスアップした女性が。

ドレスアップと言ってもなんとも言えない感じで、上がショッキングピンクでロングスカートが何故かくすんだブルー。すこぶる色が合っていません。

「おかしな人が来たもんだ」と内心思っていたら、なんと!その人はこちらに「くるくる回りながら」やってくるではないか!

内心バクバクしながらもとりあえず逃げられないのでその場で茫然としていると、くるくる回りながら「ねぇ~コレ、似合うぅ~?♪●●さぁん♪(担当美容師さん)これからパーティィィィィなのぉ~♪」と…。

担当の●●さんも慣れっこだったようで、「あぁ、似合ってますよ、大丈夫です」と引きつり笑顔で答えていたそう。そちらの美容室では定期的にこういった方がいらっしゃるのだとか…。

一見華やかに見える美容室だからこそ、そういった方々も心躍ってしまうのかもしれませんね。というお話です。

「初めての美容室で恥をかいたの巻」

美容室って入るまでは勇気、入りませんか?お洒落な雰囲気で自分は場違いになってしまうのでは…と考えると、なかなか足が出向かないものです。

緊張してしまうと、人は突拍子もない事を口走ってしまうものです。

筆者の友人は、初めての美容室で緊張し過ぎてしまい、美容師さんの事を「お母さん」と呼んでしまったそう。当然美容師さんは苦笑い、友人恥ずかしさでうつむく。

意外に「緊張した時のお母さん」は意外に多いようで、聞くと結構皆一度はやってしまっているようですね。

美容室番外編~美容師から見た「あるある話」~

自分がお客さんとしての話は結構あるけど、美容師側の話は聞いた事が無い。そこで!元美容師の友人に「面白いネタ話し」を聞いてきました!

・ナルシストなお客さんに当たると地獄
ある時やってきた男性のお客さん。席に座るや否や鏡で自分をうっとり見初め…「僕、ほら、自分では思ってないけど…かっこいいって良く言われるんだよね。」「だから、髪型も僕にピッタリのかっこいいヤツでよろしく!」

カット中も自分の世界、うっとり鏡を見つめてたまに鏡の中の自分に微笑む。そこに美容師である友人は、いない。時にはクールに、時には微笑み。

様々な角度と表情で攻めてくるお客さんの行動に、友人は「この時程笑いを堪える事がしんどいと思った事は無い」と話ています。

皆さんも、自分の世界に入りすぎないようにご注意を…。

まとめ

男性も女性も、美容室に行くとウキウキしますよね。ウキウキし過ぎてちょっぴり迷惑をかけてしまう人や、その華やかな雰囲気に緊張してしまう人、様々です。

美容室に行った時、ふと気が付いた時にでも周りを見渡してみて下さい。もしかしたら今回のような「あるある面白ネタ」が転がっているかもしれません…。