美容・コスメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レディプラス編集部 レディプラス編集部

紫外線のダメージからお肌を守ってくれる注目の食品

af9980014476
真夏だけでなく、一年中気になる紫外線は女の美肌の最大の敵です。

目に見えないためその恐ろしさを感じることはできませんが、紫外線はお肌を黒くするメラニン色素を作り出すため、年月を重ねるごとに徐々にその悪行がお肌の上にシミやシワやソバカスとして表れ、美肌を台無しにしてしまうのです。

それだけでなく紫外線を浴びることは皮膚がんのリスクを高めます。紫外線は皮膚の活性酸素に働きかけ、悪性の細胞を破壊する反面、身体に必要な良性の細胞も見境なく壊してしまいうからです。

つまり紫外線な諸刃の刃。医療現場などで適切に使われる紫外線以外は極力避けるほうが得策です。

紫外線からお肌のダメージを防いでくれる3つの栄養素

紫外線を避ける努力はしてみるものの、生活をしている以上100%防ぐことは不可能です。しかし浴びてしまった紫外線をそのままにするのは残念ですよね。

できれば自然な形で紫外線から身体を守りたいものですが、ここでは紫外線からのお肌のダメージを防ぐ3つの栄養素をご紹介します。

■その1:ビタミンC

ビタミンCは、メラニンの生成を抑え、活性酸素を抑制し、コラーゲンの生成を活発にしてくれる美肌に有効な栄養素として広く認知されてますよね。

ただし崩れやすい水溶性ビタミンのため、身体の中で長持ちしないため、毎日取らなくてはいけない非常に繊細な栄養素でもあります。

毎日の食事に取り入れて欲しいビタミンCですが、ビタミンCを含む食材の中でも、特に紫外線からお肌のダメージを守ってくれるのが、ブロッコリーとイチゴです。

ブロッコリーにはビタミンCだけでなく、お肌をつるつるにするビタミンAや、肌を正常に機能させるビタミンB2、皮膚の炎症を抑えるB6、そして次に出てくるビタミンEなどを豊富にふくんでいるお肌の救世主。

ビタミンCも豊富なイチゴには、DNAの損傷を減らしながら細胞の生存率を高める効果があり紫外線の一つUV-Aからお肌を守ってくれるのです。年中出回っている訳ではないので、見つけたらたっぷり食べておきましょう。

そのほかに、ビタミンCの豊富な食材は、菜の花、カリフラワー、レモン、グレープフルーツ、赤ピーマン、キウイフルーツなどがあります。

■その2:ビタミンE

若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEは、体内で生成されることはほとんどないので食物を摂取する必要があります。ビタミンCと違って脂溶性ビタミンなので、壊れにくいという強みがあります。

アンチエイジング効果が期待される栄養素で、活性酸素の除去や老化防止などの高い抗酸化作用があります。動脈硬化の予防効果があると言われ美容のみならず健康面でも積極的に摂取しておきたい栄養素です。

ビタミンEは多く取り過ぎても、足りなすぎても身体に問題を引き起こします。健康な人であればビタミンEが不足することはほとんどありませんが、まれに先天的に欠乏症を引き起こす人がいるようです。

かりにビタミンEが過剰になりすぎると、意外なことに骨粗しょう症になる可能性が高まるんだそうです。ですから美容に良いからといってビタミンEのサプリメントなどを過剰に摂取するのはNGです。

成人女性の摂取量の目安は1日6.5mgで、1日650 mg以上になると問題が起こりやすくなります。

ビタミンEの豊富な食材には、アーモンド、キングサーモン、すじこ、アボカド、抹茶の粉などがあります。できればサプリメントではなく、食事の中から摂取することをお勧めします。

■その3:βカロテン

βカロテンは、強い抗酸化作用を持ち老化防止効果が高く、皮膚や内臓などの膜組織を守り、紫外線によって作られたメラニン色素の発生を抑制してくれ、女性なら誰でも気になるお肌や髪、爪などを健康に保ってくれます。

βカロテンはビタミンAが不足した場合、それを補う性質があり「プロビタミンA」と呼ばれている優れ物です。βカロチンの多い食材の代表には、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草、小松菜などがあります。

2.紫外線ダメージから細胞を守るカフェインに注目

米国のルガース大学の研究チームの報告によると、コーヒーに含まれるお馴染みのカフェインが、皮膚がんの予防に効くという研究結果を明らかにしています。

まだ学会的には広く承認されている訳ではありませんが、カフェインが酵素を抑制しているであれば、コーヒーだけでなく緑茶などでも効果が期待できるかもしれません。

3.化粧品会社が効果を検証したクコの実エキス

資生堂の研究によると、クコの実のエキスを使って紫外線による急性傷害(赤くひりひりした日やけやサンバーン、色素沈着などを防げる可能性があるとのことです。

クコの実は栄養価と抗酸化力が高く、欧米ではスーパーフルーツとして知られています。日本でも平安時代から「枸杞子」という名の生薬として珍重されていました。

日本でも栽培されているので、見かけたらぜひ調理に取り入れてみてください。ハンバーグなどに混ぜると甘くて美味しくなりますよ。

まとめ

紫外線を100%避ける生活を送ろうと思ったら、日の出ている日中には一切外出を禁止するしかありません。

普通に生活している人にはそこまで徹底することは難しいので、せめて食事に気を使って紫外線からお肌を守ってあげてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

レディプラス編集部

LadyPlus編集部です。 女性に役立つコンテンツを発信していきます。 よろしくお願いします。

レディプラス編集部

スポンサーリンク