睡眠不足は健康への悪影響!?

健康・食事

ladyplus021
人間の睡眠時間は、人生の約1/3を占めていると言われます。睡眠を取らなければ、その分もっといろいろなことができるのになぁ・・・と思いますよね。

しかし睡眠は、ただ眠いから眠るというだけではなく、睡眠なしでは生きていけないほど重要な役割を果たしているのです。食べることと眠ること、単純なことですが、逆にこれさえきちんと取っていれば、人間は生きていくことができるのです。

では睡眠はどのような役割を果たすのか、睡眠不足が続くとどのような影響を引き起こすのか考えてみましょう。睡眠が足りないと感じている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

睡眠の重要性

なぜ人間は睡眠を取らなくてはならないのか、疑問に感じたことはありませんか?眠くならない薬があればいいのに・・・と思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

睡眠の役割を簡単に説明すると

・体と脳を休ませて疲労を回復させる
・身体を成長させる
・免疫力を高める

このような役割があり、睡眠を取らないと心身のリズムが崩れ、心と体に悪影響を及ぼします。

 
とはいえ、必要な睡眠量というのは人それぞれ違います。8時間睡眠を取らなけれ体力がもたない人、5時間でも問題なく生活できる人などさまざまです。要は日中眠気に困らなければ良いわけですから、長く睡眠時間を取らなければならないということではありません。

質の良い睡眠をとり、心身ともにリフレッシュして次の日を迎えることが大切です。

睡眠不足がもたらす影響

睡眠不足や不眠が続くと、生活にも影響がでてきます。ひどくなると病気を引き起こすこともあるので注意が必要です。

<記憶力の低下>
 
睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があります。眠りについた最初の3時間はノンレム睡眠の状態で、深い眠りについています。その後浅い眠りにのレム睡眠になり、起きている時と同じ脳の状態になると言われています。レム睡眠の状態の時に、日中の情報などを脳に記憶させるため、3時間未満しか睡眠が取れない場合は記憶力が低下するのです。

<集中力・対応能力の低下>

頭がぼーっとして物事に集中することができず、仕事でもミスをしやすくなります。きちんと睡眠をとっていれば咄嗟に判断する力がありますが、睡眠不足が続いていると瞬時に物事を考えることができなくなります。車の運転中など、予測不能なことが起きた場合対処することができなく、事故につながることもあるので大変危険です。

<脳卒中が起こりやすくなる危険も>

睡眠不足が血圧や心拍、血糖値の上昇を引き起こし、適切に睡眠を取っている人に比べて脳卒中を起こす確率がなんと4~6倍も高くなると言われています。免疫力を低下させるので、他の病気を引き起こす可能性も高くなります。たかが睡眠不足で・・・と軽く考えていては危険です。

睡眠不足を解消するために

睡眠不足が続いている人の中には、忙しくて睡眠時間が少ない人と、布団に入っても寝つけなく睡眠障害を起こしている人がいます。睡眠不足とは、その人に必要な睡眠の「長さと深さ」が足りていない状態のことを言います。

忙しくて睡眠時間を長く取ることができなくても、質の良い睡眠を取ることができていれば、心身ともにリフレッシュすることができ、生活への影響もそれほどありません。

自分に必要な睡眠時間を把握し、足りていないなと感じる時は日中に少しでも昼寝をしたり、夜深い眠りにつくために湯船に浸かってリラックスするなど工夫してみましょう。

また、布団に入っても寝付けなくて、気づけば朝方になっているという人は、寝付けない要因を解消する必要があります。心配事やストレスがあったり、布団に入る前にスマホやパソコンを使っていたりすると、なかなか寝付けないことがあります。就寝時間・起床時間が不規則だったり、カフェインを取りすぎたりはしていませんか?

ストレスをなくし、規則正しい生活を心掛けて適度な運動をすると、心身ともにリフレッシュでき、心地よい睡眠を取ることができるようになります。

おわりに

睡眠は、日々の生活のために欠かすことができない大切なものです。睡眠不足が続いている時は、まずはその要因を解消し、そのうえで深い眠りへの導く工夫をすることが大事です。
 
どうしても日々仕事に追われて、睡眠時間を確保することができないというビジネスマンもいるでしょう。その場合は休日に思いっきり寝だめをしてリフレッシュすることも、睡眠不足解消の有効な方法と言えます。

何をやっても眠れないという場合は、病院で睡眠導入剤を処方してもらうことも1つの方法です。それがきっかけで、薬がなくても眠れるようになったという例もあります。夜眠れなくて困っているなら、日中眠れる時に眠ればいいのです。

悩みすぎるとどんどん眠れなくなってしまうので、あまり考えすぎずにリラックスしておいしいものを食べ、毎日を楽しく過ごすことが、快適な睡眠へと繋がっていくはずです。