毎朝起きるのがつらい…。【快適に目覚める方法】

ライフスタイル

ladyplus085
「朝が弱い」、そんな悩みを持っている人は少なくないでしょう。

でもちょっと工夫をしたり、ある行動をすることで、もしかしたら快適に目覚めることができるかもしれません。

ということで快適に目覚める方法を幾つか見ていきましょう。

無理なく取り入れられるものを紹介するので、今日からでも試してみてください。

そしてその中で自分の身体や脳に合ったものを見つけること。

そうすれば、その後はきっと快適な朝が待っていることでしょう。

太陽の光を浴びる

人は太陽の光を浴びると目を覚ますように、本能的になっているそうです。

それだけ太陽というのは人の身体に影響を与える偉大な存在。

これを無視して人が快適に生活をするのは不可能とも言えるでしょう。

朝起きたら、必ず太陽の光を浴びる、これが快適に目覚める方法でまず実践して欲しいことです。

寝る場所を窓際にする、完全に光を遮るようなカーテンではなく、朝になると柔らかな自然光が差し込むようなカーテンにしておくなどすることで、朝になれば自然と太陽の光を浴びることができるでしょう。

また、日中に太陽の光を存分に浴びておくことも大切です。

紫外線が気になるところですが、それは日焼け止めなどでカバー。

何も長時間外にいなければならないわけではなく、暗い部屋に閉じこもったりしなければOK。

太陽の光をたくさん浴びることで熟睡にも繋がり、翌朝、快適に目覚めることができるのです。

布団の中で身体を動かす

朝起きたら、布団の中で少し身体を動かしてみてください。

朝は、身体と脳の目覚め方に差がある状態。身体を意識的に動かすことでこの差を埋め、いきなり布団から出てしまうよりもスッキリと行動を始めることができると言われているのです。

もぞもぞを身体を適当に動かす程度でOKです。本格的にストレッチなどをする必要はありません。脚をバタバタを動かしてみる。

思い切り伸びをしてみる。金魚運動のように腰や下半身を左右に動かしてみるなど、好きな動きをしばらくしてみてください。

徐々に脳と身体の働きが近づき、数分経った時には大分起き易い状態になっていることでしょう。

いきなり起きると心臓に負担をかけることもあるため、この行動は突然死の防止にも役立つとされています。

睡眠をたっぷりととる

快適に目覚める方法で、当たり前のことですが、忘れてはいけないのは睡眠をたっぷりととること。

寝不足になれば、当然スッキリとした朝を迎えることはできませんよね。

仕事で忙しい、ついつい遊びすぎてしまった、いろいろとあるかもしれませんが、快適に目覚めたいのであれば十分な睡眠時間を確保するようにしてください。

ベストな睡眠時間は人によって異なります。

寝すぎても目覚めが悪くなりますから、自分にとってベストな睡眠時間を知ることも、快適に目覚めるためには必要なこととなるでしょう。

睡眠前に軽く汗をかく

眠りについても、夜中に何度も目が覚めてしまう。その結果、快適に目覚めることができない。

そんな悩みを持っている人は、起きている時の運動量が少し足りないのかもしれません。

できれば日中に軽くてもいいので運動をして汗を流しましょう。

もしこれが難しいのであれば、おやすみ前でいいので、軽く身体を動かしてみてください。

ストレッチでもいいですし、夜に少し散歩をしてみるのもいいでしょう。

夜出歩くのが怖いのであれば家の中でエクササイズのDVDでも見ながら汗をかいてもOKです。

それらがどうしても難しいのであれば、湯船にゆっくりと浸かり半身浴などで汗を流してみましょう。

汗をかいて身体が疲労すれば当然、睡眠が深くなります。睡眠が深くなければ、これも当然ですが快適に目覚められるというわけです。

また、人は体温が下がる時に眠りにつきやすくなるため、寝る前に身体を動かすことは寝付きをよくすることにも貢献してくれるでしょう。

90分周期を意識してみる

レム睡眠とノンレム睡眠という言葉は多くの人が耳にしたことがあるでしょう。

寝ている間はこれを一定の時間で繰り返しているそうです。その一定の時間が90分。

この人間の特性を生かし、快適に目覚める方法があります。それは、睡眠を90分周期で区切る方法。

寝る時間を90分周期に設定すれば、眠りの浅いレム睡眠の時に目を覚ますことができるので、スムーズに起きられると言われているのです。

眠りにつく時間と起きる時間を細かく調整しなければならないので、忙しい人や寝入るスピードが安定していない人には少し難しいものの、そういった障害がないのであれば、試してみる価値があるでしょう。

ちなみに90分周期は6時間や7時間30分、そして9時間など。このあたりの睡眠時間が現実的ではないでしょうか。

目覚まし時計やエアコン、テレビやオーディオのタイマーなどをこの時間に合わせてセットしておけば、良い目覚めを手に入れることができるかもしれません。

まとめ

睡眠は人にとって非常に大切な習慣。

寝ている時間そのものも大切ですが、朝の目覚めの良し悪しで1日が決まってしまう、そんな人も多いでしょう。

一番大事なことは、こういった快適に目覚める方法を強く意識しすぎないことなのかもしれません。

悩み過ぎると、より一層睡眠障害に陥ったり目覚めが悪くなるもの。

軽い気持ちで取り入れ、半ば楽しみながら行うと、大きな効果を得ることができるのではないでしょうか。