恥をかく前に要チェック!【見落としがちなムダ毛箇所】

美容・コスメ

ladyplus023

ワキや腕、脚のムダ毛処理さえしておけば、それで万事OK。そう思ってはいませんか?それは大きな間違いであり、もしそういった認識を持ち続けたまま何の対処もしなければ、女性としての魅力を半減させてしまいかねません。

そもそもムダ毛というのは全身に生えているもので、それを丁寧に処理するからこそ美しさや可愛さといった女性的魅力を手に入れることができるのです。ここでは、女性が、ムダ毛生えないと思いがちな箇所をピックアップ。自らの身体をくまなくチェックして、よりレベルの高い女性を目指してみましょう。

乳首周りを含めた胸

胸毛と言えば男性の身体に生えるイメージが強いかもしれません。女性の中には、胸にムダ毛なんて生えないと思い込んでいる人も多いはず。でも実際には違います。よく見てみると、男性のムダ毛のような濃く太い毛は生えていないものの、胸全体にうっすら産毛が生えていることに気が付くでしょう。

胸全体もそうですが、特に注視しておきたいのが乳首周り。ここは他の皮膚よりも色素が濃い分、生える毛も太い傾向があり、油断しておくと大変なことに。再生力も強いと言われているので、ムダ毛なんて生えないと決めつけず、常にチェックしておかなければならない箇所なのです。

へそ周りを含めたお腹

お腹の贅肉だけを気にしているだけでは女子力のアップには限界があります。そもそもなぜお腹にはムダ毛は生えないと思ってしまうのでしょうか。おへそは人間にとって非常に重要な器官であるため、ここを守るために毛が生えるのはとても自然なこと。

これも男性の体毛と比較すると薄いものの、女性でも確実に毛が生える箇所なので、週に一度はチェックして、もしムダ毛が生えていたら処理するようにしてください。脇腹までくまなく処理しておくことがポイントです。

見落としがちでもある背中

自分の背中を常にチェックしている女性は、既にかなりのレベルに達しているはず。逆にチェックしていない女性は、ムダ毛の存在を疎かにし過ぎです。背中は人から見られることが多く、しかし自分では見落としがちな箇所、且つ、ムダ毛がビッシリと生えやすいところでもあるのです。

触れてみてザラザラしている人はアウト。していなくても、写真などで撮影してみれば意外と濃い毛が生えているものです。女性の背中は男性も気にするところですから、見落とさないように気を付けましょう。特にうなじから背中にかけてムダ毛が繋がっている女性は、夏など薄着をする時に損をしてしまいます。範囲が広いので処理は大変かもしれませんが、腰あたりまで抜かりなくお手入れしておいてください。

チェックしにくいOライン

Oラインとは、お尻の穴の周りのこと。まさかここに毛が生えていないと思っていませんよね?VラインやIラインには気を遣っているけれど、Oラインはまだという女性は、少し意識が弱いのかもしれません。日本人女性は欧米の女性に比べるとデリケートゾーンの毛が濃いと言われています。当然Oラインにもビッシリとムダ毛が生えている女性は多く、ひどい人になると下着や水着になった時にそこからムダ毛が飛び出してしまうほど。こうなっては女性としての面目丸つぶれ。

自分でチェックするのに抵抗がある、かといってエステサロンなどで他人に処理してもらうことにも気が進まないというのはわかりますが、エステサロンなどの専門機関で徹底的にムダ毛処理を行えば、女子力アップに繋がることは確かです。

手足の指

手足のオシャレと言ったらネイルアートですが、そのネイルアートを活かすも殺すも、指のムダ毛処理にかかっています。ムダ毛が生えないと決めつけているのか、よく見ると毛穴があり、さらによく見ると薄い毛がちらほら生えている女性も珍しくはありません。はたまた、意識が指先に集中しすぎて見逃しているのでしょうか。

例え数本でもムダ毛が生えていれば、それは女性としての価値が下がってしまいます。確実に取り除くようにしておきましょう。

腕と脚の裏側

腕の裏側とは贅肉がタプタプちがちな二の腕の裏側のこと。脚の裏側とは、太ももの裏側のこと。ここも自分ではなかなか見づらい箇所であり、ムダ毛が生えないだろうと思い込んでしまいがちが箇所。もちろんそんなことはありません。

パッと見ただけでは生えてないと感じてしまうのも、この箇所の産毛の憎いところ。じっくりと観察し、生えているものと思いながらムダ毛の処理に取り組む姿勢が、女性としての価値向上には求められるでしょう。

まとめ

人の身体は、女性であっても粘膜部分以外にはムダ毛が生えていると思っておきましょう。それが例え産毛のような細かな薄い毛であっても、重要なシーンでは仇となりかねません。また、ムダ毛が生えないと思い込んでいる箇所ほど、処理したと思ってもしきれておらず、仮に処理できたとしても短期間で再び毛が生えてきてしまうものです。

美しい身体を目指すのであれば、意識を高く持つこと。その第一歩として、ムダ毛が生えない箇所はないと考え、処理を徹底することが求められます。