恋愛と結婚する相手は違うの!?【恋愛と結婚で変わる女性に求める事とは?】

恋愛・家庭

ladyplus050
女性にも言える事ではありますが、男性も女性と同じく「彼女」と「奥さん」では求める事も大きく変わってきます。

女性は思った事を口にする方が多いので普段から要求を伝えている人がほとんどだと思いますが、男性は違います。その要求を胸に秘めつつ、ある時いきなり爆発してしまう…というパターンが女性よりも多いのです。

さて、男性が「彼女」と「奥さん」に求める要求の違いとは一体何なのかを知っておく事で、より円満な関係が築けるものなんだと思います。

●彼女に求める要求①…「いつも華やかでいて欲しい」

言葉は悪いですが、「彼女」という存在は男性にとってはステータスの一部。そこで付き合う彼女には常に小奇麗に、そして華やかにしていて貰いたいと願うものなんです。

連れて歩く時、周囲から振り替えられる程の美人を連れて歩きたい。だからこそ彼女には常に「女」を意識していて貰いたいというのが、男性が「彼女」に求める要求なのです。

●彼女に求める要求②…「社交的であって欲しい」

自慢の彼女が出来れば、男性は友達に自慢して回りたいという気持ちが出てきます。大切な宝物を周囲に自慢するというのは、幼い頃から変わっていない男性の性分なのですね。

もしあなたの彼氏が頻繁に自分の友人に会わせようとしてくるのであれば、「彼女を自慢したい!」という気持ちの表れ。周囲に一目置かれたい、という気持ちがあるんです。

なので、男性は彼女になる人には誰とでも話が出来る「社交性」を求める人が多いのです。

●彼女に求める要求③…「自分に一途であって欲しい」

これは女性にも言える事なのですが、男性は「彼女」には一途さをとことん要求してきます。

「男の浮気は良いけど、女の浮気はダメ」という男性も密かに多く、自分は職場の女性と食事に行ったりする癖に、彼女には例え会社の同僚であっても異性関係を快く思わない男性が多く見受けられます。

とにかく付き合っている時は自分だけを常に見ていて欲しい!こういう気持ちは男性の方が強いのかもしれませんね。

●彼女に求める要求④…「エロくあって欲しい」

とある男性陣のお昼休憩の時の会話を…。「彼女という存在はデメリットでしかない。となれば、どうして彼女を作るかといったら本当の所、セックスなんですよね」…。

ここまでひねくれた考えの男性はそんなに多くは無いですが、最後の一文に賛同する男性陣も多いのでは。人類の繁栄の為の本能ですから、それは当たり間瀬の事なんですけれどね。

ですから、男性が彼女に求める事…「いつでもエロく」なんです。自分が求めた時には必ず応えて欲しいし、彼女側からも積極的に誘って欲しい。セックスアピールをする事で「お前の彼女エロくて良いな~」なんていう、男性同士の会話があるんです。

「男ってサイテー!」と思う部分ではあるのですが、コレが世の男性の本音なんですね。

これまで「男性が彼女に求める事」について説明してきましたが、次は「男性が奥さんに求める事」についてをお話していきたいと思います。

●奥さんに求める要求①…「派手過ぎるのはNG!ナチュラルな自然派で居て欲しい」

彼女に求める要求と180度違いますね。これは「派手な女性だと、一緒に生活していく上で浪費する心配がある」「誘われたらホイホイ付いていきそう」「家事、育児などをしっかりこなせなさそう」といったイメージがあるからです。

それに、生活を共にするという事はおはようからおやすみまで、24時間365日一緒に居るという事。すっぴんと化粧の差が激し過ぎるのは男性は好みません。

すっぴんを安易に想像できるような、でもすっぴんよりも確実に綺麗な「ナチュラルメイク」の女性を奥さんとして選ぶ傾向が高いです。

●奥さんに求める要求②…「料理、洗濯、掃除は絶対に出来ていないとNG」

女性の社会進出によって家事をしない女性が多くなってきました。お米を洗剤で研いだり、生肉を切ったまな板の上で野菜を切ったり…。こういう「家事が出来ない女性」は男性の中で「彼女止まり」です。

人並みに家事が出来るようにならない限り、結婚へステップアップする事はまず無いでしょう。稀に「自分が出来るから相手には求めない」という男性も居ますが、そういう人を捕まえられた事は幸運だと自分を褒めてください。

まず男性は結婚を考える女性には上記の3つを求めてきます。

●奥さんに求める要求③…「きちんと対等に話し合えるか、譲り合う気持ちを持っているかどうか」

結婚すると毎日一緒に過ごすようになる訳です。今まで喧嘩すればお互い離れて頭を冷やせたのが、それが今度からは出来なくなるのです。

意思の疎通が出来る相手かどうか、結婚にあたり非常に大切になってきます。対等に話し合う事が出来、それをお互い譲り合う事が出来る関係を無意識のうちに求めています。

恋人時代は「何も出来なくても可愛い」と言われていても、結婚後に「何も出来ない」事は離婚原因になり兼ねません。最終的に奥さんに求める要求は「その場しのぎの可愛らしさ」ではなく「女性としての自立心」という所なのです。

~まとめ~

女性が男性に多くを求めているように、男性も同じく女性に何かしらの要求があります。

特に男性は「恋愛」と「結婚」で要求する事柄がガラリと変わるので、女性からすると「それっておかしいじゃない!」と思ってしまうんですよね。

独身時代は可愛いと許されてきた事でも、結婚となると許せなくなる不思議…。「恋愛」と「結婚」には、それだけ大きな壁が存在するという事なのですね。