引いてしまうプロポーズ・・・。【おもしろいキザな口説き文句】

恋愛・家庭

ladyplus034
「君の瞳にカンパイ…」寒すぎるキザなセリフはロマンチックを通り越して周囲の雰囲気までをも凍らせてしまいます。カッコつけたい気持ちも分かりますが、下手すると愛まで凍らせてしまう事に…。

実際に言われた「キザすぎる口説き文句」で愛を失った寒~い出来事を紹介しています。カッコ付けすぎるのも、ほどほどにね…。

あなたは何者?「僕と君は遥か数千年前から出会う予感がしていたんだよ」

あなたは一体幾つなのですかと問いかけたくなる、キザすぎる口説き文句です。生まれる前から出会う予感がしていたなんて、どんなエスパーなんですかと突っ込みたくなりますが、きっと彼にとってはこの口説き文句が女性を落す切り札だったのでしょう…。

これで落ちた女性が居るのかが気になる所です。あまりにエスパー過ぎる発言では女性は引いてしまいますので、男性諸君はご注意を!

スケールが壮大過ぎるんです。「ほら、見てごらん。地球が僕たちの愛を祝福してくれているよ」

あなたの瞳には一体何が映っているの…?と言いたくなるような、ちょっぴりホラーを感じるキザすぎる口説き文句ですね。同じものが見えないという距離感はお互いの気持ちを離れ離れにするという事も分からずに…。

好き合う同士が必ず同じ物を「見ている」訳ではありません。感性が違って当たり前なんですから、自分の感性を相手に押し付けないようにしましょう。愛を自然という壮大なスケールに例えて良いのは映画の中だけと思っておきましょう。

言い回しがくど過ぎます。「僕の胸の鼓動が聞こえるかい?君と出会ってからずっとうるさいんだ…」

本当だとしたら病気を疑わなければいけない発言です。健康診断には定期的に通っているか心配になってきますね。「君の事が好きだよ」という意味だと思うのですが、くど過ぎます。

こってり味噌カツに更に追加で味噌をかける位こってりしています。女性はあまりくどい味は好まないので、この場合ですと率直に「ごめん、好きになっちゃった」とストレートな言葉で表現してあげた方が喜ばれるでしょう。

褒め言葉か良く分かりません。「君はバラの様に美しく、氷のように儚い可憐な女性だね」

花に例えるまでは許せますが、それ以外の比喩は女性にとって「褒め言葉なのか、受け取り方に困る」という印象を与えかねません。また、何かに例えて話す男性は女性にとって「この人なんだかめんどくさい」と思われがち。

会話をしていても「たとえ話」が多くなってくると会話の中身がすっからかんになってしまうので、女性から見るとつまらない男性としてインプットされてしまいます。相手の女性を褒めたい時は何かに例えるのではなく、「目が大きくて綺麗だね」「肌が白くて綺麗だね」など、見た目に関する事を言われると宇喜ばれますよ。

お断りです。「良い仕事があるんだ。衣食住には困らない仕事。内容?…僕の隣で、毎朝僕を起こす仕事さ。…どう?限定一名様だよ」

その仕事の良さが全くもって伝わって来ません。多分、本人にとってはプロポーズのような意味を含めているのでしょうけど、自立した女性である程嫌悪感を抱く言葉です。しかも上から目線…これじゃ女性の気持ちは離れていくばかり。

「毎朝一人じゃ起きれないの?めんどくさい人」と思われてしまうので、何度も言いますが回りくどい言い回しは絶対にやめましょう。「毎朝●●ちゃんが隣に居てくれたら幸せだなぁ」や、「●●ちゃんと毎日一緒に居られたら、すごく楽しいだろうね」などのすっきりとした、ストレートな言い回しの方が女性の心に響きますよ。

ちょっ…近所迷惑です!「今日は君の為に歌を作ってきたよ…聞いてくれないか?「愛しの君へ」

たまに聞くのが「ポエマー」です。待ち合わせ場所にギターを持ってきたから何事かと思えば、いきなり自作ラブソングを歌いだした…というのは、実はちょくちょく聞く光景なのですが、コレで結ばれたカップルを私は一人も知りません。

もの凄くイケメン、もの凄く歌が上手いというのであればまだしも、こういった自作ソング&ポエマーはぶっちゃけると「勘違い」している人も多く…。多くの女性はソコで恋の魔法が解けてしまうようです。後々話しのネタにされることもしばしば…。呪いのラブソングにしない為にも、ポエムや自作ソングのプレゼントは絶対にNGで!

明日も仕事があるんで…「時間の許す限り、君を目に焼き付けて記憶を君で一杯にしていたいよ…」

女性にとっては「ストーカー予備軍?」と思ってしまうようなこのセリフ。男性にとっては精一杯の口説き文句なのでしょうが、なんだかねちっこい性格なのかな、というイメージを与えてしまう事も。実際に言われた女性は「ストーカーになる確率が高いと思って、その場で振ってきた!」という方ばかり。

「もしかして独占欲が強いのかも?」と思われてしまうので、一緒に居たいと思うのであれば「君と一緒に居ると時間が早いよ。もう少し、一緒に居たいな」とあくまでも爽やかに伝えましょう。さりげなく伝える事が女性のハートを握るカギとなります。

まとめ

キザすぎる口説き文句は胸やけを起こします!こんな口説き文句、身に覚えはありませんか?

・僕と君は遥か数千年前から出会う予感がしていたんだよ
・ほら、見てごらん。地球が僕たちの愛を祝福してくれているよ
・僕の胸の鼓動が聞こえるかい?君と出会ってからずっとうるさいんだ…
・君はバラの様に美しく、氷のように儚い可憐な女性だね
・良い仕事があるんだ。衣食住には困らない仕事。内容?…僕の隣で、毎朝僕を起こす仕事さ。…どう?限定一名様だよ
・今日は君の為に歌を作ってきたよ…聞いてくれないか?「愛しの君へ」
・時間の許す限り、君を目に焼き付けて記憶を君で一杯にしていたいよ…

壮絶なイケメンであれば話は別ですが、こういったキザすぎるセリフを言うのは「勘違い男子」に多い失敗。こってりした口説き文句よりも、女性はストレートな表現や言葉の方が嬉しいものなんですよ。