子育てにやさしい住環境とは?【子育て住宅のあれこれ】

ライフスタイル

ladyplus031
子どもを持つことをきっかけに、住宅に対する興味・関心を深める方が少なくありません。それは、子育てや家事は、住まいと密接に関わるからです。

特に現代では、子育てしながら働く女性が増えています。そうした女性が、子育てしやすい住宅について、考えてみたいと思います。

アンケートにみる子育て世代の本音とは?

では、子育てに理想的な住まいとは、一体どんなものなのでしょうか。HOME’S CLUBが自由回答で行った「子育てする上で理想の住まい」というアンケート結果をみると、住宅の中で重視する点の1位は「リビング」で18.6%、2位が「子ども部屋」で12.1%、3位が「防音」で6.7%、4位が「動線」で4.7%、5位が「コミュニケーション」で4.4%となっています。

主な理由を見てみると、「リビング」は家族が顔を合わせる機会が多い場所であること、「子ども部屋」は個性を育てる環境づくりのための場所、「防音」は大きな物音がしてもストレスにならないことなどが、理由になっているようです。

また、仕事と家事、育児をこなす女性にとっては、「動線」も大事なポイント。家事がしやすい、あるいは家族が必ず顔を合わせる時間ができるようにリビングを中心に間取りを考えるなど、さまざまな工夫が必要と感じているひとが多いようです。

子育て住宅は家族の成長によって変わる

とはいえ、子どもが乳幼児の家庭と、学童期の家庭では、必要な間取りが違うように、子育て住宅で重視するポイントは、家族の成長によって変化していくものです。つまり、家族のライフスタイルに合わせて、カスタマイズできる余地が必要なのです。

特に改築が大きな負担となる一戸建ての購入に関しては、家族のライフプランを見越して、可変要素が設けた子育て住宅を考えて選択する方が無難です。近年は住宅メーカーが、収納型の間仕切りや家具の配置によって、部屋の可変が可能なプランを用意しています。

住宅を購入する際は、子どもの成長を見越した設計を心がけるようにしましょう。また賃貸住宅の場合は、子どもの成長に合わせて引っ越しはしやすいというメリットがありますが、転校しないことを条件にすると、転居先を探すのが難しいケースもあります。学校や生育環境に加え、住み替えやすさも検討して、住宅探しをすることをおすすめします。

子育てにやさしい住まいを提供する事業を展開する企業も!

あなたは、「子育てにやさしい住まいと環境」であるかどうか、物件を評価認定する事業を持つ企業があることを、知っていますか?
ミキハウス子育て総研では、新築の分譲マンションや賃貸マンション、分譲戸建て住宅、注文住宅、中古・リフォームマンションなどを対象に、住まいそのものだけでなく、周辺の環境などを体系化した評価基準を定め、その情報を提供するというサービスを展開しています。

これは、子どもを持つ家族に、快適に安心・安全な暮らしを送ってもらうことを目的としたサービスで、住宅・マーケティングの専門家と、子育ての先輩であるママたちの生の声に基づいて、評価基準と儲けています。

そのため評価基準の内容も、広さや間取りといった住居に関することにとどまらず、共用部分の管理体制、立地と周辺環境など100項目に及ぶと言います。
これから、子育て住宅を探すのであれば、こうしたプロのアドバイスをもらうのも、一つの方法です。

子育てを楽しめる住まいについて、これまでとは違う視点からアプローチしてみてはいかがでしょうか。
 

子育てに理想の住まいのベースにあるものとは

子育ては、夫婦が協働で取り組むべきことです。そして住まいは、家族との時間を過ごす、大事な場所でもあります。

つまり、子育てに理想な住まいを考えるためには、夫婦がどんなふうに子どもを育てたいのか、どんな家庭を築きたいのか、どんなふうに暮らしていきたいのかという、気持ちをわかりあうことからスタートするのです。

家族が笑顔で過ごすためには、どんな環境が必要なのか、夫婦で話し合うことから始めましょう。リビングが開放的で居心地がいいことも大事でしょうし、家事がしやすい動線を確保したり、一人の時間も持てるように書斎をつくることを重視する家庭もあるかもしれません。

こうした条件を出し、話し合うことで、自分たちの子育てにとって理想の住まいが見えてくるはずです。ポイントは、休日にゆっくり過ごせる住まいではなく、毎日ホッとできるところを目指すことです。

共働きの家庭で、毎日こまめに掃除したり洗濯をすることが難しいのであれば、おもちゃなどを片付けやすい収納スペースを確保したり、最新の家電を用意して家事時間を短縮するなど、生活しやすさに重点を置くのもよいでしょう。

子どもと毎日会話ができる住まいづくりを目指して、家族にやさしい家とは何かを考えてみてください。そして、あなたの家族にとって理想の住まいを、みんなでつくってくださいね。