子供の運動能力を伸ばす方法は発育段階によって変わる!

ライフスタイル

ladyplus047

現代の子どもたちは運動能力において問題のある子が多いといいます。

オリンピックや世界大会などで活躍が期待できるほどの運動能力の高い子どもたちが育っている反面、親世代の子ども時代と比べ運動能力が劣る子どもが増えていると文部科学省が発表しています。

その理由の一つが、室内遊びの増加です。一日中ゲームをしているような子どもも増えており、それに従い外で遊ぶ、つまり身体を動かす機会が少なくなっているのです。親御さんは子どもが運動する環境を整え、小さな子どものうちから身体を動かす習慣をつけさせてあげましょう。そのうち、自分でやり始めるでしょうと甘く考えるのはNGです。

というのも、運動能力はその年代に合わせて鍛えれば伸ばすことができますが、必要な時期を過ぎてしまうと、後から頑張っても伸びることはなく運動のできない大人になってしまうからです。もちろん背伸びして無理な運動をさせるのも良くありません。ですから発達に応じた子ども時代の運動を軽視しては駄目なのです。

では、どんな運動をすればよいのでしょうか。子どもの発育時期からそれぞれ見ていきましょう。

乳児期から幼稚時期まで

乳児期からプールに通わせたり、乳幼児体操の教室に通ったり、意識の高いお母さんは小さな子どものうちから習い事に熱心ですよね。それは素晴らしいことだと思います。

しかし乳児期から幼児期までの小さな子どもたちであれば、特別なことをしなくても運動能力を伸ばすことは可能です。

子どもが一番好きなこと。それは自由に遊ぶことです。好きなことはモチベーションが高いので、子どもでも楽しく続けることができます。できれば野外に連れて行き、公園などで自由に遊ばせてあげることがこの時期の子どもたちの運動能力を上げるポイントです。いろいろな動きを経験しバランス良く運動能力を伸ばすことができるはずです。

言うまでもありませんが、この時期にゲームやテレビ漬けにしては元も子もありません。それと同じく、無理やり運動を強要することも避けましょう。ともかく楽しく身体を動かすことが大切です。

小学校低学年

小学校に上がると、体育の授業が始まります。ゴールデンエイジと呼ばれる小学校3~4年生くらいまでをピークに、基本の動作や聞かいた運動など、基礎的な動きを身につけることで運動能力を伸ばしましょう。お友達とかけっこなどの外遊びをするうちに自然と基礎体力がついてきます。

お子さんが興味を持つのなら、野球やサッカー、水泳などのスポーツ教室に通わせてあげましょう。その際は、子どもの発育にそくした指導ができるプロの指導者を探してあげましょう。また、親の無理強いではなく、自発的に子どもに選ばせるのがコツです。

小学校高学年

この時期の子どもたちに必要なのは持久力です。心臓や肺機能などを高め、激しい運動もできるようになる必要があります。ランニングや山歩きなど持久力の必要な運動など取り入れると良いでしょう。これなら親子で一緒に楽しめますよね。お子さんだけでなく、親御さんの健康維持のためにも役立ちますし、お子さんとの会話作りにもなります。

中学時代

中学生に必要な運動は、小学校高学年にやってきたことの延長線上にあります。人間が生きていくために必要な心臓や肺機能をじっくりと強化していきましょう。小学校高学年に比べ中学生になると体力も急についてきて、激しい運動も余裕で出来るようになっているはずです。

中学校内の部活も始まりますから、その子その子の好みのスポーツを楽しませてあげましょう。

しかし個人差はありますが、身長がぐんぐん伸びる時期ですから、筋肉をつける激しい運動はまだお預けにしたほうがいいでしょう。身長をできるだけ伸ばすためには、身長がある程度伸びきってから筋肉はつけるようにしましょう。この時期無理をして身体を痛めてしまっては元も子もありません。

高校時代

中学校時代にぐんぐんと背丈が伸び育ち盛りの最盛期が過ぎました。すでに親御さんの身長を抜いた子も多いことでしょう。身長の伸びが落ちついた高校時代は筋肉を鍛え、大人になるための身体作りに重点が移ります。

高校の部活は中学よりも本格的になってきます。たとえば野球。中学の中にも硬式野球を取り入れているところはありますが、本格的に硬式野球になるのが高校からです。ここで筋肉をつけ、大人になるための身体づくりが始まります。

最後に

子どもの運動能力を伸ばしてあげたいと思うのなら、少なくても幼児期までは親が率先して環境を整えて上げるほうが良いでしょう。ゲームやテレビ漬けにしないことと同時に、お稽古事ばかりで忙しい生活を子どもにさせないという配慮も必要です。

身体を動かさないと運動能力が伸びないだけでなく、元々あった身体の機能を低下させてしまいます。

スポーツが苦手なインドア派なお子さんもいるので無理強いは禁物ですが、小学校低学年までの基礎的な体力づくりは心がけてあげましょう。