恋愛・家庭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レディ+編集部 キララ レディ+編集部 キララ

女性必見!【出産費用を抑える節約術!?】3つのポイント

ladyplus043

人生で最大のイベントとも言える出産。特に初めて赤ちゃんを授かった時は幸せな気持ちでいっぱいで、かわいい赤ちゃんに会えると思うと、女性は辛いつわりにも耐えることができるものです。

心身ともにストレスなく出産の日を迎えたいものですが、出産には高額なお金がかかるので、不安になる人もいますよね。基本的に、妊娠・出産での受診は健康保険が適用されないので、妊婦健診と出産費用を合わせると平均で50万円以上もかかってしまいます。

しかし、実は出産費用を節約する方法というのがあるのです。ここでは、知らなければ損をする出産費用節約方法をご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

<助成金の申請を忘れずに!>

出産費用は病院にもよりますが、だいたい30万円~60万円程度かかります。最近では高級ホテルのようなエステ付のマタニティクリニックもあり、100万円近くかかるところもあります。

「そんなにお金がかかるんだ!」とびっくりされる方もいるかもしれませんが、日本では「出産一時金制度」という制度があり、申請すると出産する子ども1人あたり42万円が国から支払われます。この制度があれば、安心して出産に臨めますね。

また、出産までにだいたい10回以上は妊婦健診に行かなければなりません。以前はこの健診代を浮かすために、2週間~1ヶ月に一度行かなければならないところを、2ヶ月も3ヶ月もあけてから健診に行く人もいました。しかしこれは、赤ちゃんの発育状態や妊婦の健康に危険が起きる場合もあるので、絶対にしてはいけないことです。

現在はほとんどの自治体で、合計14回まで妊婦健診代が助成されるようになったので、出産にかかる自己負担額がかなり少なくなっています。

また、逆子や前置胎盤など、自然分娩では危険を伴うと判断された場合は帝王切開になることがあります。その場合、加入している生命保険から、手術給付金と入院給付金が支払われますので、自分の加入している保険が手術の場合に給付対象になっているか事前に調べておくと、申請を忘れる心配がなくなります。

<マタニティ用品、ベビー用品で節約!>

マタニティ用品・ベビー用品は使う期間は短いけれど、なくては困るものですよね。

マタニティ用品で絶対に必要になるものは下着類です。こればかりは知り合いからもらうということもできませんね。下着類は出産後も使いますので、マタニティ用のものを洗い替えも含めて何枚か用意しておきましょう。

マタニティウェアに関しては、ざっくりしたワンピースなどでも代用できるので、マタニティ用のスパッツなどに合わせたりすれば、手持ちの衣類でも組み合わせて着ることができます。マタニティウェアは出産後は着る機会がないので、無理に揃えなくても工夫次第で節約することができます。

ベビー用品は、初めての赤ちゃんならいろいろ揃えたくなりますよね。しかしどれもそれほど長い期間は使うことができません。ベビー服や肌着はすぐに小さくなって着れなくなるので、安いベビー用品店で価格を抑えるのも1つの方法です。

ベビーベッドやベビーカーは比較的価格が高額になるので、レンタルを利用するという方法もあります。特にベビーベッドは、赤ちゃんがつかまり立ちをするようになると、危なくて片づけてしまうとういうこともあるので、レンタルやリサイクルショップで安く購入する人も多くいます。

<意外!こんな裏技も!>

実は意外と知られていない、出産費用節約の裏技というものもいくつかあります。

・日付が変わってから病院に行く

これは病院によって違いますが、病院に行く時間によって金額が変わってくることがあるのです。

陣痛は時間を選んでくれませんので、夜中に始まる場合もありますよね。陣痛の間隔が10分おきになったら病院に来てくださいと言われますが、病院に到着した時間が夜の11時50分だったとします。この場合、0時を過ぎないと1日分の入院費用がかかってしまう病院もあります。

0時を過ぎてから到着すると、入院費を抑えることができるかもしれません。とはいえ、安全な出産をすることが最優先なので、絶対に無理をしてはいけません。

・出産費用をカード払いにする

出産一時金の申請方法によっては、一時金が直接病院に支払われるので、42万円を差し引いた出産費用を病院に支払えば良い場合があります。しかしこれを後から申請することによって、お得になることがあるのです。

出産費用を全額カード払いにすると、大きな金額なのでその分ポイントを貯めることができます。ただし、後から出産一時金の申請に行かなければならないので、少し大変ではあります。

病院によってはカード払いができない場合もあるので、事前に確認してみてください。

<おわりに>

出産には多くのお金がかかります。健診費用、出産費用、マタニティ用品費用、ベビー用品費用、他にも産まれてからもお金がかかることがたくさんあります。

出産する場所によっても、特徴や費用が大きく異なります。人生でそう何度も経験することではないので、出産する場所も重要になりますよね。自分のスタイルに合わせてよく考えて決めることが大切です。

利用できる公的費用は忘れずに申請し、金銭的な負担をなるべく少なくして、心身ともにリラックスして出産に臨めることがベストです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

レディ+編集部 キララ

 現在の彼氏と結婚を考えていますが、なかなかプロポーズされません。それでもめげずに、料理の腕を日々磨きながら、可愛い奥さんになるために努力中です。

レディ+編集部 キララ

スポンサーリンク