女性同士の人間関係を上手に築く4つのポイント

ライフスタイル

ladyplus022
女の友情ははかないもの。女の敵は女。そんな話を聞いたことありませんか?

聞いただけじゃなく、実際にそんな経験何度もしてるわよ!と思う女子も多いかもしれませんね。プライベートにしろ仕事にしろ、女同士の人間関係を良好に保つというのはなかなか難しい。

関係が上手くいっている時は問題なく楽しいひと時を過ごせるけれど、関係がこじれると最悪。修復不可能な状況に陥ることもざらです。女同士のつき合いなんて面倒臭いけれど逃げて生きることもできず・・・。どうにか上手く適度な距離をとって世渡りしたいものですよね。

そこで女同士の人間関係を良好に保つ4つのポイントをお伝えします。

比較しない&比較されない

女同士は小さなことで相手と自分を比較しがち。相手が自分より下だと感じると優越感で満たされ、自分が下だと感じると妬みや恨みの気持ちが芽生えがちです。

その気持が強くなって関係の中心になってしまうと相手も自分も苦しくなります。自分が穏やかな気持ちで生活するためにも、できるだけ人と比べたりしないほうがベスト。人は人、自分は自分というスタンスが一番です。

優越感を得るため不幸な人の話を聞くのも考えもの。不幸だった相手が一転、幸せになることだって世の中には数多くありますから、相手の状況で自分自身が一喜一憂していると精神衛生上良くありません。

自分が不幸だと感じている時、相手の幸福話を聞くのは辛いものです。そこで考え方をミクロでなくマクロで見ることをオススメします。

相手が幸せそうな話をするのは、もしかしたら見栄なのかもしれません。人に見せている部分は幸せそうでも、隠された部分は不幸なのかもしれません。それは本人にしか判らないことなので、むやみに相手と自分を比較するのは止めましょう。どんな人でも運気の波はあるものだから、今、幸せな人でも何かしら悩み事が出てくるし、逆に今悩みごとがある人でも、そのうち良いことが訪れることも理解してください。

どうしても人の幸運を喜べないのなら、できる限り幸運な人とは距離を置くよう心掛けましょう。その時は相手に嫌な気持ちを与えないよう、少しづつ距離を取るのが秘訣です。

人を批判したり悪口を言わない

女同士が集まると、その場にいない女性の批判や悪口などで盛大に盛り上がることも多いですよね。

でもあらぬ誤解を避けるためには、できるだけその輪に加わらないよう細心の注意が必要です。その場のノリで軽く口にしてしまったことが「彼女がこんなこと言っていたわよ」という話になることも。図らずも対立の表舞台に立たされないよう口は慎みましょう。

対立の激しいグループが存在する女の大所帯の中に居るのなら、中立国家スイスを見習って「中立な人」のポジションを得ることが王道です。人間関係にタンパクな人という見方をされれば、どちらのグロープとも上手く渡り合えるはずです。

自分の自慢話をしない

女の人間関係が悪化する最も大きな原因が自慢話。ドラえもんの中のスネオでさえ鼻つまみ者でしたが、それを女社会でやってしまうと村八分どころか攻撃の対象になってしまいます。

自分の打たれ強さに自信があって、女の嫉妬なんて意に介さないくらいの強女ならともかく、自分の身は自分で守るしかない普通の女性は、絶対に自分の自慢話は控えましょう。万が一、うっかり自慢話になってしまったら、オチに自分の失敗談などをつけることをお忘れなく。

相手を立てる&ほめる

相手の女性が年上だろうが年下だろうが同い年だろうが、上から目線は禁物です。自分は一歩引いいて、できるだけ相手を立てるようにするのが女同士の関係をスムーズにするコツです。

相手の話は頷きながら心を込めて聞いてあげましょう。そして、素敵ですね・素晴らしいですね・良いですね。などなど、できるだけ相手を肯定してあげる、ほめてあげる必要があります。ほめられて嫌な思いをする人はほとんどいません。ただし取ってつけたようなオアイソは見抜かれるので、心を込めてほめるのがポイントです。

逆に相手からほめられた時は「そんなふうに言ってくれて本当にありがとう」とまずはお礼を言い、ほめられた以上に相手を持ち上げることが大切です。たとえば「○○さんって、褒め上手だから一緒にいるといい気分になれるよ。癒し系だよね。話を聞いていると心落ち着くな~」などです。

まとめ

同性との関係が苦手という女性も多いのですが、それでもやはり、信頼できる同性の存在はかけがえのないものです。それまでは敵だった女性が味方についてくれるなんてこともあるので、上手く関係を築けるよう、ご紹介した4つのポイントを押さえておきましょう。

女同士の関係を上手く築ける能力は一生涯使えるスキルです。友情、職場、近所づきあい、ママ友づきあい、母娘関係、嫁姑関係。女につきまとう人間関係の80%はこのスキルで解決できる!それくらい強力スキルですから、今日からでも実践してみましょう。