女性の部屋探しで知っておくべきルール【女性の一人暮らし注意点】

ライフスタイル

ladyplus091

女性が一人暮らしの部屋を探す時、新しい環境、自由な空間がもうすぐ手に入ると胸をときめかせながら、ワクワクして探す人も多いでしょう。

特にこれまで家族と一緒に住んでいて、彼氏や友人を自由に招けなくて不便だなと感じていた人は尚更ですよね。

女性は特に、建物の外観や内装、部屋の作りなどこだわる箇所が多いでしょう。

自分だけの自由な空間を持てるわけですから、納得がいく物件が見つかるまで探したいですね。

どんな家具を置こう、カーテンはどんな柄にしようと考えるだけでもワクワクするでしょう。

しかし外観などにこだわりすぎると、思わぬところを見落として、あとで後悔することになるかもしれません。

犯罪に巻き込まれないためにも、女性の部屋探しで知っておいた方が良いルールをご紹介します。

犯罪に巻き込まれないためには物件選びが重要

女性を狙った性犯罪や、一人暮らしの女性宅を狙った空き巣など、犯罪は後を絶ちません。

女性を狙った性犯罪の多くは、路上を歩いている際に狙われたり、施錠をきちんとしていない部屋に忍び込まれることもあります。

自分の身を守るためにも、少しでも危険性の少ない物件選びをすることが大切です。

では、どのような物件を選ぶと危険なのでしょうか。

通勤や通学に公共交通機関を利用する場合は、駅やバス停からなるべく離れていない場所を選びたいところです。

夜道を歩くとき、その距離が長ければ長いほど狙われる確率も高くなります。

とはいえ、駅やバス停が近いとそれだけ家賃も高くなってしまうので、経済面を考えるとなかなか難しいこともあるでしょう。

駅やバス停から少し距離がある場所でも、お店が並んでいて人通りの多いルートを通って帰宅できる場所だと安心できます。

また、構造面も考える必要があります。2階や3階でも、角部屋はよじ登りやすい場所です。

できれば1階は避け、2階以上の角ではない部屋を選びたいものです。

セキュリティ重視!内覧時のチェックポイント

セキュリティがしっかりしていない物件に女性が1人で住んでいるとわかると、とても狙われやすくなります。

安心して暮らすためにも、セキュリティがしっかりとした物件を選びたいところです。

では、どのようなことをチェックしておけば良いのでしょうか。

チェック箇所は次のようなことがあげられます。

・オートロックがあるか
・できればカメラ付きドアホン、カメラがなくても玄関を開けないで対応できるドアホンはついているか
・ロビーやエレベーターに防犯カメラが設置してあるか
・ドアスコープ、ドアチェーンが付いているか
・玄関の前に木や壁など死角になる場所がないか(玄関を開けると同時に押し込まれる可能性があるため)
・ベランダの外側にフェンスなど足場になるものはないか(2階以上でも侵入される可能性があるため)
・窓に格子などがついていて侵入できにくくなっているか
・ベランダから隣の部屋が簡単にのぞきこめないか

このようなことを気をつけてチェックしてみましょう。

また、設備に頼るだけでなく、自分で防犯意識を高めることも重要です。

帰宅したらすぐに鍵をかけることを忘れないように気をつけ、寝る時は窓の鍵もきちんと閉めましょう。

通路側から見える窓に、いかにも女性らしいカーテンをかけたり、見えるところに下着を干したりしないように注意してください。

女性のこだわりチェックポイント

セキュリティを重視することも重要ですが、女性ならではのこだわりたいポイントもありますよね。

せっかく新生活を迎えるのですから、想像以上に不便で失敗した!というようなことがないように、心地よく過ごせる物件を探したいですね。

気にしていなかったけれど、実際に住んでみると不便だった!という点をあげてみましょう。

・ガスコンロを置く台が狭くて、1くちコンロしか置けない
・スーパーが遠くて買い物に行くのが億劫
・トイレとお風呂が一緒になっていて落ち着かない
・収納が狭い、少ない
・キッチンが狭く、調理スペースが少ない
・日当たりが悪く、暗い気分になる
・独立洗面台がなくて、ブローやメイクをする時に不便

女性がこだわりたい部分は数多くありますよね。

しかし、すべての条件を満たす物件に出会うことはなかなか難しいことです。

自分の中で絶対に譲れない部分の優先順位を決めておいて、ある程度の妥協は仕方がないと割り切ることも大切です。

まとめ

女性が部屋探しを始める時は、就職する時や大学生活が始まる時など、生活の環境が大きく変わる時のことも多いでしょう。

慣れない仕事や人間関係に疲れて帰ってきて、部屋でも居心地が悪かったらモチベーションも上がりませんね。

できれば気に入った物件に住みたいですが、家賃との折り合いがつかず妥協して決めることもあるでしょう。

そんな時は、家具やインテリアにこだわってみたり、植物やかわいいお花を飾ってみたりと工夫して、居心地の良い部屋を作ってみましょう。

充実した快適な生活が送れるといいですね。