ワキの4大トラブルを解消してワキ美人を目指そう!

美容・コスメ

ladyplus055

暑くなってくるとノースリーブでファッションをキメたいものですが、そこで気になるのがワキですよね。

腕を上げた時にちらっと見えるワキにムダ毛がボーボーだったり、黒ずんでいたり、デコボコなコンディションだったり、なんだか悪臭がしたりすると、どんなに美人でオシャレにキメていても興ざめしてしちゃいます。

たまにチラッと見える場所だからこそ、手を抜かずにケアする必要があるのは、みんな判っているはずですよね? でもお手入れなしでワキを見せている人も目につきます。

しかし!ワキのお手入れは見る人に失礼をしないための最低限のエチケット。オシャレ以前の問題です。

ワキの問題といえばムダ毛処理と黒ずみ、お肌のブツブツ、ワキ臭の4つ。この4つの問題を解決することがワキ美人の条件です。爽やかなファッションメイクにプラス爽やかなワキを手に入れ、チラリズムな美人を目指しましょう!

ムダ毛処理

すべての女性が抱えるワキのお悩みの代表がムダ毛の処理です。女性のワキの最大のトラブルメーカーでもありますよね。

美容に関して敏感で、お金をかけても良いから綺麗になりたいと考えるオシャレさんなら、永久脱毛を行っている人も多ですよね。

それなりにお金がかかるのと、数回通わなくてはいけないので尻込みしてしまう人もいますが、それさえクリアーすれば永遠に脱毛の手間が省け、ワキのお肌に負担をかけることがなくなるので、長期的に見るとオススメです。

自力でムダ毛の処理を続けたいと考える女性も多いですよね。自宅で行うケアは、エステや病院へ支払う費用が掛からず気軽なのがメリットです。

やり方は脱毛シェイバーやカミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたり、脱毛クリームを使ったり人それぞれですが、ムダ毛が生えてきたらその都度お手入れをする必要があるのと、毎度の処理でお肌に負担がかかるというデメリットがあります。

詳しく言うと、自己処理していくうちにワキが黒ずんだり、鳥肌のようにブツブツになったりする可能性があるということです。カミソリなど使っていると、肌の表面を傷つけてしまいばい菌が入ってしまったりトラブルの素となります。

自己処理する時はお肌のふやけるお風呂タイムは避けてくださいね。

黒ずみ

黒ずみの原因は、自己流ムダ毛処理によるダメージだったり、洋服との摩擦、毛穴の詰まりによる皮膚の炎症などが挙げられます。黒ずみを作らないよう、できるだけお肌に刺激を与えないよう心掛けましょう。
デキてしまった黒ずみには、28日周期の肌の生まれ変わり、ターンオーバーを促すことで黒ずみの犯人である古い角質を除去することが大切です。

黒ずみの原因を除去し、血行を良くしてターンオーバーを促すために、ビタミンCやビタミンEを摂取しましょう。食事から取るのが難しければサプリメントを利用しましょう。ほかに黒ずみ専用の化粧品などで保湿も忘れずに。

毛穴のぶつぶつ

毛抜きでムダ毛を抜いたり、カミソリや電気シェーバーで剃っていると、どうしても毛穴が伸びたり、汚れが詰まってしまいぶつぶつができてしまいます。

ぶつぶつができてしまったら、これ以上悪化させないように今のムダ毛処理はストップしてください。今のやり方ではお肌を痛めてしまうので、脱毛はプロの手に任せるのが一番です。医療機関やエステで診てもらいましょう。

人にみせるのが恥ずかしかったり抵抗があるのなら、せめてカミソリや毛抜を使わず、評判の良い電気シェーバーを利用しましょう。

ワキのぶつぶつは進行具合によって治り方も違います。あまりにも悪化してしまうと完治できないこともあるので、気づいた時点ですぐに対策を取りましょう。

ワキ臭

ワキ臭は目に見えるものではありませんが、オシャレなノースリーブを着用するときには気になりますよね。ワキのケアとしてワキ臭のチェックも怠らずしっかりやっておきましょう!

ワキ臭とは、ワキから臭う独特の強い臭いがする症状で、人によってその臭いや程度が違います。洋服に黄色いしみができてしまう人はワキ臭の可能性大。ワキ臭はワキの汗腺に雑菌が繁殖して臭いが出てくるので、ワキを清潔に保つことが一番大切です。洗いすぎもいけませんが、外出先で汗をかいたら濡らしたタオルで拭き取るなど清潔に保つことを忘れずに。

もう一つ、ワキ臭が気になるのなら食事を改善する必要もでてきます。肉食や乳製品、辛い食材や脂っこい食品に偏ると、体臭自体が強くなるので腋臭も同じく臭ってきます。肉食に偏るのではなく野菜などもバランス良く食べましょう。またミネラル補給もワキ臭の改善に役立ちます。ミネラルのサプリメントなども活用しましょう。

かなり悩まれている人は医療機関の皮膚科に相談してみるといいでしょう。

まとめ

脱毛の後は必ず、顔のケアと同じくらい丁寧にワキの保湿ケアを行ってください。ケアを始めてもすぐには症状が改善しないかもしれません。しかし28日周期の肌の入れ替わりを目安に、必要なケアを施してあげましょう。

美は一日にしてならず。ワキのお手入れも根気よく頑張りましょう!