ポイントや割引券などを上手に使って節約!~有効活用術~

ライフスタイル

ladyplus086
消費税がアップして、家計のやりくりに悩む方も少なくないでしょう。

そんなとき、有効活用したいのがポイントや割引券です。

チラシやインターネットで手に入れられる割引券や、スマホのショップアプリなどを上手に活用することで、日々の出費を抑えることができます。

では、賢い消費者がどのようにポイントや割引券を活用しているのか、その例を見てみましょう。

割引券の活用術

割引券の筆頭といえば、映画の前売りチケットや、スーパー・家電量販店の新聞折り込みチラシ、インターネットで配信されるオンラインクーポンです。

最近は、オンラインクーポンの専用サイトも増えているので、買い物をする前に必ずチェックすることをおすすめします。

また、百貨店などでは、毎月決まった額を積み立てることで、1年後の満期に1カ月分をボーナスポイントとしてプラスして、その店で使用できるお買い物券を返してくれるというシステムを設けているところが多いので、ぜひ活用すべきです。

というのも、こうした百貨店の積み立てを行っていると、入会時に粗品がもらえたり、会員限定のお得な商品やイベントの紹介があったり、特別価格で商品購入ができるなど、特典が多いのです。

百貨店の株主になることで、株主優待券をもらえば、2000円以上の商品なら5~10%の割引を受けることができます。

金券ショップやネットオークションでも手に入るので、割引券代わりに活用して見てはいかがでしょうか。
 

ポイントカード活用術

日常生活の中で、コンビニをよく利用する方に、必ずやってほしいことがあります。それは、コンビニでポイントカードをつくることです。

ローソンではPontaカード、ファミリーマートではTポイントカード、セブンイレブンではnanacoがあるので、買い物の際は必ず提示をして、ポイントを貯めましょう。

また、ショッピングセンターでも同様にポイントカードを用意しているところがほとんどです。

そのポイントカードを持っていることで、DVDのレンタルショップやガソリンスタンドなど、さまざまな場面でポイントを貯められるタイプのポイントカードを使うようにすることで、いざというときに割引してもらうこともできます。

自分がポイントを貯めようと思うカードを絞って、活用する習慣をつけるとよいでしょう。

また、クレジットカードでも、ポイントを貯めることができます。

JCBカードでは、カードの利用額に応じてTポイントカードが貯まるので、それを活用してネットショッピングをしているひとも多いようです。

必要以上に買い物をするのではなく、公共料金の引き落としなど、生活で避けて通れない出費をクレジットカード払いにするだけでも、十分にポイントを貯めることができます。

ショップアプリも活用しよう!

ここ数年、スマホの普及率アップと比例するように、ショップアプリの配信数も増加しています。

そうしたショップアプリを提供しているお店は、モバイル会員限定クーポンを配信していることが多いので、ぜひ登録しておくべきでしょう。

また最近は、「e+ Coupon」という、会員制のクーポンサービスが人気を集めています。

これは、水族館やスパ、美術館、レストランや期間限定の展示会など、エンターテイメントやレジャーに特化した割引や特典を、オンラインクーポンで提供するというサービスです。

スマホの位置情報を利用することで、現在地周辺の時間限定の割引クーポンを魅了で手に入れることができ、その割引率も多いものだと50%以上になります。

このほかにも、「ゲオ公式アプリ」を利用すれば、CDやDVDのレンタルや、発売しているゲームが安く変えるなどの特典が受けられるなど、ショップアプリのサービスは年々広がりを見せています。

よく使うショップで、アプリを勧められたときには、迷わず登録するようにしましょう。

ちりも積もれば山となるように、ポイントを貯めることで、後で割引がサービスが受けられるなど、特典がいっぱいです。

 

ポイントが貯まるクレジットカードを選ぶという方法も!

もう一つ、覚えておくとよいのが、インターネットと連動しているクレジットカードをフル活用することで、ポイントをより多く貯められるものを使うように心がけることがあります。

その筆頭が「楽天」のクレジットカードです。

ネットショッピングは楽天市場で探し、欲しい商品を楽天カード感謝デーである金曜日に購入すると、いつもよりポイントがアップします。

また、旅行や出張での移動やホテルを楽天トラベルで予約すると、ポイントがさらにアップします。

さらに楽天には、クレジットカード会員限定のポンカンキャンペーンがあり、ポイントが3~4倍になったり、優待が受けられるなどの特典もあります。

このように、使うクレジットカードを絞って、効率よくポイントを貯めて活用することで、かなりの節約になります。

本当に必要なものを賢い方法で購入し、さらにポイント活用するように、意識してみてください。