美容・コスメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レディプラス編集部 レディプラス編集部

これからの季節は要注意!化粧崩れはサヨウナラ!

0330
画像出典:http://www.glitty.jp/
 
 だれもが悩む化粧崩れ!しかし、ほんのちょっとした工夫で化粧崩れも解消し、周囲からの好感度アップも間違いなしです!

 これを読めばあなたも、もう化粧崩れに悩むことはありません。それでは、5つのポイントを押さえましょう。

スポンサーリンク

洗顔について

 Tゾーンや小鼻の脂っぽさは誰もが気になる部分です。しかし、脂っぽいからといって集中的にゴシゴシと洗ってはいけません。テカるからといって、洗いすぎるとかえってテカる原因になってしまいます。

 洗顔するときの温度は、ぬるま湯(30℃から35℃)で、洗顔料はタップリ泡立て肌を包み込むように洗い、洗顔料が残らないように、よく洗い流します。

スキンケアの基本

 朝は、どうしても急ぐもの。メイクを超特急でしている方も多いはずです。しかし、ほんの少し時間に余裕を持てば化粧崩れ防止につながります。

 洗顔がおわったあとに、化粧水をコットンにつけパッテイングします。同じく乳液も。その後に下地をぬってファンデーションをぬります。

 乳液が乾いていないうちに下地をぬってしまいますとファンデーションが長持ちしませんので約3分間はあけましょう。

 同じく、下地を塗ったあとも3分あけてからファンデーションを塗ります。また、下地は薄くぬるのがポイントです。

顔のうぶ毛のお手入れ

 化粧崩れの原因の一つに、顏のうぶ毛があります。うぶ毛をお手入れしないとメイクはうぶ毛の上からしていることになります。

 これは、化粧崩れの大きな原因ともなります。顏専用のシェーバーなどで適宜にお手入れしましょう。このお手入れ一つでファンデーションの、のりやつきがよくなります。

ミストスプレー

 メイクをした後に、ミストスプレーを使うのは、大半の方が利用しているものです。

 最近は色々なタイプがありますので、自分のお肌に合ったものを選択するのがポイントです。スプレーをかけると、顏がしっとりとなりメイクの崩れも少なくなります。 

あぶらとり紙よりティッシュペーパー

 顔に皮脂が出てきてテカると、あぶらとり紙を使っている方は多いはずです。しかし、あぶらとり紙は、必要な皮脂まで取り除いてしまうので使い方もケースバイケースと考えた方が良いでしょう。

 顏がテカる場合は、あぶらとり紙ではなく、スプレー式の美容液を持ち歩き、ティッシュペーパーにふりかけて肌を軽く抑えるのが効果的です。

まとめ

 化粧崩れを防ぐには、①洗顔②スキンケア③うぶ毛のお手入れ④ミストスプレー⑤ティッシュペーパー、この5つのポイントを覚えておけば大丈夫です。また、毛穴を広げるために、パックや半身浴も有効です。
 

スポンサーリンク

この記事を書いた人

レディプラス編集部

LadyPlus編集部です。 女性に役立つコンテンツを発信していきます。 よろしくお願いします。

レディプラス編集部

スポンサーリンク